立命館・今に向き合う会 趣意文

2014年1月に立命館大学びわこ・くさつキャンパスの教養科目「東アジアと朝鮮半島」をめぐってネット上で担当教員に対する激しい攻撃が展開された事件は、いまも記憶に新しいところです。この事件を受け、私たちは皆さんのご賛同も戴きながら、2月12日に学長宛に「立命館大学に声明文の撤回とヘイトスピーチへの毅然たる対応を求める要請書」を送りました。

私たちはこの「要請書」で大学に対して、

①大学が1月15日にホームページで公表した声明の撤回、
②大学として改めて毅然とした態度を社会的に表明すること、
③レイシズムやヘイトスピーチに関する教育研究に取り組むこと、の3点を求めました。

その後、二度に亘り川口総長との懇談会を持ち、①についてはホームページから削除、③については川口総長も「強く同意する」とし、具体的な取り組みについて意見交換ができました。意見交換の結果は、常任理事会文書「ヘイトスピーチ等差別的言動防止に関する取り組みについて」(2014年7月16日)にまとまりました。

その後、広島大学で起こった事件に見られるように、大学をはじめとする教育機関に対する攻撃は続いており、このままでは、いつどこで同様の事件が発生しても不思議ではありません。
重要なことは、できるだけ多くの大学が「学問の自由を守り、ヘイトスピーチや差別言動を許さない」という明確な意思を示すことだと私たちは考えます。すでに悲劇的な事件を経験した立命館大学には、その先頭に立ち、学問の自由と学生・教職員の人権を守るために、毅然とした態度を明確に示し、あらゆる大学および大学人に連帯を呼びかけることが今こそ求められています。

私たち「要請書」呼びかけ人一同は、ここに「立命館・今に向き合う会(向き合う会)」を結成し、引き続き立命館大学に対して毅然とした態度を社会的に表明することを求めるとともに、教育の場におけるヘイトスピーチ、差別、人権侵害に向き合う具体的な取り組みを積極的に推進していくことにしました。7 月31日に発足集会を開きます。立命館大学の多くのみなさんに本会への賛同を呼びかけます。発足集会にも奮ってご参集ください

会の活動
1)立命館大学に対してヘイトスピーチやレイシズムを許さない毅然とした態度を社会的に表明することを求めます。
2)立命館大学の各機関におけるヘイトスピーチやレイシズムに向き合う具体的な取り組みを見守り支援します。
3)「向き合う会」として独自に学術企画や教育方法に関する研究活動を進めます。
4)ヘイトスピーチや差別、人権侵害に向き合う大学間連携を進めます。

                                                     2014年7月21日

「立命館・今に向き合う会(向き合う会)」呼びかけ人

勝村誠、絹川浩敏、崎山政毅、鄭雅英、冨田美香、中川成美、西成彦、山下高行(五十音順)

コメントの投稿

非公開コメント

会の目的

mukiaukai0731

Author:mukiaukai0731
①立命館大学に対してヘイトスピーチやレイシズムを許さない毅然とした態度を社会的に表明することを求めます。
②立命館大学の各機関におけるヘイトスピーチやレイシズムに向き合う具体的な取り組みを見守り支援します。
③「向き合う会」として独自に学術企画や教育方法に関する研究活動を進めます。
④ヘイトスピーチや差別、人権侵害に向き合う大学間連携を進めます。
【問い合わせ先】rits.mukiaukai.0731@gmail.com

リンク
最新エントリー
アルバム
写真・新聞記事画像
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム