10月25日_立命館土曜講座

10月25日に立命館土曜講座として木戸衛一さん(大阪大学)をお招きして「ヘイトスピーチとレイシズムを考えるーマルク・ブロック『歴史のための弁明』を手がかりに」と題する特別講演会を開催しました。

DSCF3934-3.jpg

この講演会の企画を担当したのは立命館コリア研究センターですが、私たち「立命館・今に向き合う会」の共同代表と大学執行部との懇談を契機として実現したものです。参加者は250人を上回りました。この問題に対する市民の関心の高さを示すものだと思います。

DSCF3936_3.jpg

木戸衛一さんの講演の骨子は以下の通りです。

・第二次大戦下のフランス
・第一次世界大戦開戦100周年
・マルク・ブロック
・『歴史のための弁明ー歴史家の仕事』
・マルク・ブロックの遺言状
・ナチスのヘイト・スピーチ
・蔓延する日本のヘイト・スピーチ
・日本に於けるヘイト・スピーチの背景
・新自由主義と新国家主義の相乗的昂進
・「日独枢軸」へのノスタルジー?
・歴史修正主義
・政治的資源としての「過去の克服」
・歴史の主観性・政治性
・自国・自民族中心主義史観克服の試み
・ステファン・エセル
・朝河貫一

講演会が終わった後も、約20人の方が会場に残られ、木戸衛一さんを囲んで小一時間、真剣な懇談が続きました。

熱のこもった、かつ、理路整然とした素晴らしい講演でしたので、ぜひ、何らかの形で記録を残したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

会の目的

mukiaukai0731

Author:mukiaukai0731
①立命館大学に対してヘイトスピーチやレイシズムを許さない毅然とした態度を社会的に表明することを求めます。
②立命館大学の各機関におけるヘイトスピーチやレイシズムに向き合う具体的な取り組みを見守り支援します。
③「向き合う会」として独自に学術企画や教育方法に関する研究活動を進めます。
④ヘイトスピーチや差別、人権侵害に向き合う大学間連携を進めます。
【問い合わせ先】rits.mukiaukai.0731@gmail.com

リンク
最新エントリー
アルバム
写真・新聞記事画像
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム