2014年10月25日 ヘイトスピーチとレイシズムを考える講演会

立命館大学土曜講座の枠組みで、以下の講演会を開催します。
この企画は、私たち「立命館・今に向き合う会」と学園執行部の懇談を通して実現したものです。
関心のあるみなさんのご参加をお待ちしております。

*********************************
立命館大学土曜講座
(第3111回) 【特別講演会】

ヘイトスピーチとレイシズムを考える-マルク・ブロック「歴史のための弁明」を手がかりに

大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授
木戸 衛一

 「パパ、だから歴史が何の役に立つのか説明してよ。」
 息子のこの問いに応えようと、フランス中世史の大家、マルク・ブロックは、歴史を研究する意味や歴史叙述のありようについて原稿を書き連ねました。当時、ナチス=ドイツの占領下にあって、ユダヤ系であるがゆえに大学からの退職を強いられる不遇の日々の中で綴られた『歴史のための弁明』は、ブロックが歴史家としての自己存在を証明した書です。
 今日東アジアでは、領土問題・領有紛争を背景に、ナショナリスティックな歴史観や、自国・自民族に不都合な史実をなかったことにする歴史修正主義が横行しています。歴史学を冒涜するこうした風潮に対し、私たちはどう立ち向かえばよいのでしょうか。
 ブロックは、1942年11月、対独レジスタンス運動に専念してリヨンの運動を指導、翌々年3月にゲスターポに逮捕され、激しい拷問の後、6月16日、29人の仲間とともに銃殺されました。ナチス=ドイツに抵抗して彼らが追い求めた理想を検証しつつ、歴史と社会のあり方を考えてみたいと思います。

ヘイトスピーチとレイシズムを考える
-マルク・ブロック「歴史のための弁明」を手がかりに

 大阪大学大学院国際公共政策研究科 准教授 木戸 衛一

日 時 : 毎週土曜日午後2時~4時
場 所 : 立命館大学衣笠キャンパス以学館1号ホール
主 催 : 立命館大学衣笠総合研究機構

電 話 : 075‐465‐8236

事務局:リサーチオフィス(衣笠)
TEL:075-465-8236(内線:511-2567) FAX:075-465-8342 (内線:511-2829)

※聴講無料・事前申込不要

※当日の入場状況によって、立ち見のお願い又は入場制限をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

コメントの投稿

非公開コメント

会の目的

mukiaukai0731

Author:mukiaukai0731
①立命館大学に対してヘイトスピーチやレイシズムを許さない毅然とした態度を社会的に表明することを求めます。
②立命館大学の各機関におけるヘイトスピーチやレイシズムに向き合う具体的な取り組みを見守り支援します。
③「向き合う会」として独自に学術企画や教育方法に関する研究活動を進めます。
④ヘイトスピーチや差別、人権侵害に向き合う大学間連携を進めます。
【問い合わせ先】rits.mukiaukai.0731@gmail.com

リンク
最新エントリー
アルバム
写真・新聞記事画像
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム