共同通信社 2014年8月12日配信記事

教育現場を憎悪から守れ 立命館大教員らが会結成

 立命館大の教員8人が教育現場でのヘイトスピーチ(憎悪表現)を許さず、学問の自由を守ることを目指す有志の会を結成した。立命館大では今年、在日コリアンの女性講師がインターネット上でヘイトスピーチの攻撃にさらされる問題が発生。会は大学がこのような事態に際し、毅然(きぜん)とした態度を社会に表明することなどを求めていく。
 「大学はかくあるべきだという理念が消えつつある」「ヘイトスピーチの問題点を学生にどう教えたらよいか」。7月31日に衣笠キャンパス(京都市)で開かれた「立命館・今に向き合う会」の発足集会では、出席者から懸念の声が相次いだ。
 立命館大では作年12月、びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)での女性講師の授業後、学生団体が朝鮮学校の高校無償化を求める嘆願書を教室で配布。すると受講生とみられる人物が今年1月、署名を強要されたとの趣旨の虚偽の書き込みを講師の実名と共にツイッターに投稿した。
 その後、講師には「辞めろ」「日本から出て行け」などの中傷がネット上に相次いだ。これを受けて立命館大は「署名を求めたかのような誤解を与え不適切であり、講師を指導した」とする謝罪声明を出した。
 会の設立に携わった 立命館大の勝村誠(かつむら・まこと)コリア研究センター長は、声明が講師に対する激しい差別的攻撃に触れず、学内の討論もなく出されたことに「毅然とした対応をせず、大学のプライドを傷つけた」と批判する。
 雇用が不安定な非常勤講師らからは、歴史認識や植民地支配などのテーマを授業で扱って問題が起きたときに大学が守ってくれないのではないかという不安や、自主規制せざるを得ないとの声が寄せられたという。
 今年4月、授業中に慰安婦に関するドキュメンタリー映画を上映した広島大もネットで排外主義的な攻撃の標的となった。会は今後、他大学が被害に遭っても情報を共有し、支援できるよう関西大や同志社大の教員らとの連携も検討している。

コメントの投稿

非公開コメント

会の目的

mukiaukai0731

Author:mukiaukai0731
①立命館大学に対してヘイトスピーチやレイシズムを許さない毅然とした態度を社会的に表明することを求めます。
②立命館大学の各機関におけるヘイトスピーチやレイシズムに向き合う具体的な取り組みを見守り支援します。
③「向き合う会」として独自に学術企画や教育方法に関する研究活動を進めます。
④ヘイトスピーチや差別、人権侵害に向き合う大学間連携を進めます。
【問い合わせ先】rits.mukiaukai.0731@gmail.com

リンク
最新エントリー
アルバム
写真・新聞記事画像
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム